2018/06/14

リーグ戦の辞退者と今後の運営について

LEAGUE The ZEROthのRed Divisionのますきゅー氏から辞退するとの申し出がございましたので、今後の運営についてご連絡いたします。


<2nd STAGEについて>

Red Divisionについては、1st STAGEとの合計点の高い順に11人中6人通過とします。
Blue Divisionについては、2st STAGEの評価はRed Divisionの残りの11人によって行うことにし、1st STAGEとの合計点の高い順に12人中6人通過とします。

Red Divisionの方がやや通過しやすい状況になってしまうことを深くお詫び申し上げます。


<それ以降の評価について>

1st、2nd STAGE脱落者による評価が1つ少ない状態で進行していきます。


参加者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

2018/03/06

リーグ戦インタビュー No.17 ますきゅー

最近サボり気味だったけど復帰。あと6人って大分ゴール近いね。

今回はマスキューさんです。

=======================================================

空木アメリ
では早速ですが始めましょう。

ますきゅー
よろしくお願い致します。

空木アメリ
では次郎歴と次郎を始めたきっかけを教えてください。

ますきゅー
次郎歴は2015年の12月から始めたので2年と2ヶ月ほどになります。
きっかけは本家の動画を色々と見ていたときに秋空ゑんどさんと秋姫アリアさん(偶然にもどちらも秋)の次郎動画を見つけて、そこから色々と調べて太鼓さん次郎というソフトを利用したものと知り「自分も譜面を作りたいなぁ」と思って始めました。

空木アメリ
おお、するとかなり若手なのですね。初めて知りました。
次郎勢と関わりを持ったり大会に出たりし始めたのはいつ頃ですか?

ますきゅー
開始当初よりwikiの方にページ登録し、そこのチャットに参加し始めたのが次郎勢の方との最初の関わりになりますね。
初めて参加した大会はすかいさん主催の「第1回☆11以上大会」になるのですがその時は大会における譜面作りのいろはのいもわからず、おまけに高難易度譜面の大会だったのでとにかくスクロールやら密度やら詰めに詰めまくって…結果は散々でしたねw

空木アメリ
まあ初めての大会ですからね笑
ますきゅーさんの譜面は、ご自身からしてみたらどのような特徴や強みがあると思いますか?

ますきゅー
自分の譜面はその時にハマっている譜面傾向が強く出た譜面、という特徴があると思います。
本家らしい丁寧な音取りにハマっていた時は『火焔躍ル』のような譜面が、ギミックを使った表現的な譜面作りにハマっていた時は『One Way Street』のような譜面が、といった感じで『これがますきゅー独特の譜面だ!』というものがあまりないんですよね。他人の影響を強く受けがちなので。

空木アメリ
なるほど、そうなんですね。ではどの作譜者に影響をよくを受けているなどはありますか?またライバル的な存在の作譜者はいたりしますか?

ますきゅー
丁寧な音取りや展開といった点ではkomasyさんや9chi8さん、子子子子さん、演出面ではてけさん、フィーリングやゲーム性といった面ではbubutackさんや空木アメリさんの影響を受けてますね(多い)。
個人的にライバル視してるのはりーふさん、1NMさんですね。特に1NMさんとは勝って負けてでイーブンなので、Red Divisionで対決できることをとても嬉しく思います。

空木アメリ
割とたくさんいますね笑
まあでも様々な人を参考にするのは大事なことですね。
Red Divisionでライバル対決が見られるのは面白いですね。他のメンバーについては何か思うことはありますか?

ますきゅー
Red Divisionのメンバーは個性が確立している方が多いな~という印象です。すかいさんやaxLさんのような尖った譜面を作る方にてけさんやelahen800さんのような魅せる譜面を作る方、他の方も独自の譜面像を確立されていると思うのでなかなか大変な所に入ってしまったな~と感じてますw

空木アメリ
なるほど、では最後にリーグ戦の意気込みをお願いします!!

ますきゅー
せっかくのリーグ戦なので、『これが僕の譜面だ!』と胸を張って言えるようないつもと違う、かつ"自分らしい"譜面で勝負できたらなと思います。そして何よりも楽しむ事を1番に精一杯頑張ります!!

空木アメリ
ぜひ楽しんでください!ありがとうございました!

ますきゅー
こちらこそありがとうございました!

2018/02/25

リーグ戦インタビュー No.16 バター

ついに2/3まできた。偉い。

今回はバターさんです。

=======================================================

空木アメリ
では早速インタビューを始めていきましょうか。

バター
よろしくお願いします!

空木アメリ
まずは次郎歴と次郎を始めたきっかけを聞かせてください。

バター
正確には覚えていないのですが、2014年の冬ごろだった気がします。なので3年ほどですね。 中学生の頃にyoutubeで次郎の存在を知って、高校生になってPCを使えるようになった時に触り始めた感じです。

空木アメリ
そうなんですね、最初に関わった次郎勢とか次郎の界隈ってどこでしたか?

バター
最初はyoutubeに動画をあげていたんですが、その時に同じ曲で譜面を作っていた他の方の動画をよく見るようになりました。その方の動画の説明欄か、チャンネルの概要かどこかに次郎wikiのリンクがありまして、そこから次郎wikiにページを作ったり、他の譜面製作者さんと交流するようになりました。twitterもその時に始めましたね。

空木アメリ
なるほど。 そういうのを重ねるうちに大会などに出るようになったと思うのですが、大会に出るようになってからと出る前とでは譜面の作り方とか考え方に変化はあったりしたんですか?

バター
そうですね、最初の頃はドラムなどの裏の音を無視してメロディばかり取るような譜面を作っていましたが、大会に出るようになって、他の方からの感想とか、生放送でのコメントなどを見ていくうちに、バランスが大事なんだなと思うようになりました。未だに丁度いいバランスがわからないんですがね笑

空木アメリ
バターさんの譜面は凄くバランス感があって楽しい譜面が多いです! そういうところがバターさんの譜面の魅力だと思いますが、よく参考にしている作譜者などはいますか?また、最も自信がある譜面、自分らしい譜面とかがあったら教えてください。

バター
ありがとうございます。 参考にしている作譜者さんは、kobaさんやm@sterさん、てけさんですね。大会に出始めた頃は特に四つ打ちの崩し方なんかを彼らの譜面から学んでいました、まだまだ吸収しきれていないところも多々ありますが。 自信がある譜面というのはあまりないのですが、自分らしい譜面と思っているのはAria7th2回戦に出したMaxiですかね。いい具合にメロディや声ネタなどのバランス調整ができたと思っています。

空木アメリ
Maxiは確かにbutter三の代表作の一つですね。Trixxxterも私は好きですね。 butterさんはリーグ戦ではBlue Divisionで戦っていくことになるわけですが、周りのメンバーに対して何か思うこととかはあったりしますか?

バター
堅実に勝ちに来そうな方が多い印象を持ちました。いやしかし何度見ても錚々たる面子ですね。自分も負けないように頑張りたいです。

空木アメリ
では最後に、リーグ戦への目標や意気込みなどがあれば教えてください。

バター
悔いのないように、一戦一戦全力を尽くして戦っていきたいです!!

空木アメリ
ありがとうございました!!

バターありがとうございました!

2018/02/20

リーグ戦インタビュー No.15 koba

リーグ戦のインタビュー、まあまあ終わりそう。

さて、15人目はkobaさんです。思えば一番長いお付き合いなのかもしれない。
ではどうぞ。

=======================================================

空木アメリ
こんばんは!ではインタビューを始めていきましょう。

koba
お願いします!

空木アメリ
それではまず、次郎暦と始めたきっかけをお願いします。

koba
次郎暦は2009年からなので9年ですね。きっかけは次郎出る前まではオワタツでちょっとだけ創作譜面作ってたのでその延長上って感じですかね。

空木アメリ
なるほど。kobaさんというと本当に最古参ですし私もなんとなくいつからどうしていたかは知っているのですが、大会などに出始めたのはいつごろか教えてください。

koba
初出場の大会は、というか次郎初の大会になるんでしょうかね。風の吹くままにというAlterさんのブログでの企画、第六回目企画 譜面匿名評価会が初ですね。自分はGENOCIDEで出場しました。

空木アメリ
懐かしいですね笑
kobaさんといえばオーソドックスで楽しい譜面の権威だと思っているのですが、ご自身では自分の譜面についてどう思ってらっしゃいますか?

koba
他の人には出せない楽しい譜面って感じですかね。ちょっと性格言い方悪いですが...笑
実際に作譜していても他人がやったことないような配置配色や構成を考えることが多いのでなるべくオリジナリティを出すようには心掛けています。

空木アメリ
確かに、kobaさんの譜面はオーソドックスでありながらもかなりkobaさんってわかりますよね。そういう意味ではかなり個性はあるなあと思います。
では、譜面に関してよく参考にしたりしている人などがいれば是非お願いします。

koba
参考にさせていただくことが多いのはやはりアメリさんですね。自分自身次郎始めた当初からアメリさんの譜面が好きでずっと目標にしていましたしもちろん今でもです。自分とはまた違った音の取り方をされているので参考にさせてもらうことが多いです。
あとフィーリングに関してはわさび7360さんの譜面を参考にすることが昔は多かったです。
自分のフィーリングの原点と言っても過言ではないくらい研究させていただいてました。

空木アメリ
それは光栄なことですねー。といいつつ、私自身もkobaさんの譜面にはかなりお世話になりましたし参考にもしましたね。フィーリングっていう感覚を一番よく理解していたのはkobaさんだなぁとよく思ってました。
では、リーグ戦ではBlue Divisionとしてkobaさんは参加することになりますが、メンバーを見て何か思うところはありますか?

koba
勝ちあがるのが難しそうなメンバーですよね笑 昔からレベルの高い方はもちろん、今調子が乗ってる方もたくさんいるので自分も頑張らないと!って思いますね。

空木アメリ
なるほど、では最後にリーグ戦の目標などがあれば教えてください!

koba
出るからにはもちろん優勝目指して頑張ります!!!

空木アメリ
ありがとうございました!!

koba
こちらこそありがとうございました!

2018/02/19

リーグ戦インタビュー No.14 すかい

14人目です。すかいさんです。

段位認定公開したから遊んでね。ではどうぞ。

=======================================================

空木アメリ
じゃあインタビューを初めていきますか。

すかい
おけです。

空木アメリ
ではまず次郎暦と次郎を始めたいきっかけを教えてください。

すかい
いつ始めたのかはあまり細かく覚えていませんが6年ぐらいだと思います。始めたきっかけは太鼓のオワタツジンからですね。オワタツジンをしていたら太鼓さん次郎というものを見つけて太鼓さん次郎にハマったという流れです。

空木アメリ
そうなんですね!ではこれでインタビューを終わります。ありがとうございました!
というのは嘘で、次郎勢と関わりを持ち始めたり大会に出始めたのはいつ頃なのでしょうか。

すかい
ありがとうございました! ってなんでやね~ん。
はい。次郎勢と関わりを持ち始めたのは次郎を始めて1年ぐらいです。太鼓さん次郎wikiがきっかけですね。
大会を出始めたのは次郎を始めて3年ぐらいです。第2回ジャンルフリー大会が僕の初体験でした。

空木アメリなるほど、では最初の頃と最近では、自分の中で太鼓さん次郎でしたいこととか譜面スタイルが変わったとかっていうのはありますか?

すかい
昔は何も考えずに脳死で譜面を作っていました。
しかし、大会を出るごとにだんだんと配色とプレイ面、尖った配置などを気にするようになっていきました。
そこらへんは、アリアさんやm@starさん、elxisaさんに影響されたと感じています。

空木アメリ
確かに大会に参加すると他の人から刺激を受けますよね。
最近は大会でもかなり個性が求められる時代になってきていると思うのですが、自分には他の人と違う個性などはあると思いますか?また、出すように気を付けているなどはありますか?

すかい
自分の個性は純粋な良譜面とかじゃなくて、どんな順位でも印象に残る譜面だと思っています。やはり、こういった個性を出すためにはインパクトが一番重要で曲選びからもこだわる必要が出てきます。なので、そういった部分で苦労したことが多いですね。
また、感想を貰うときに人によって感じるものがバラバラなのも個性だと思っています。やはり大会は高い順位を取りたいという目標があるので、感想がバラバラでもなるべく誰が見ても「凄いな」と感覚で思ってもらえるような譜面を目指して作ったりしていますね。

空木アメリ
確かにすかいさんの譜面は"すごい"という印象を抱かせますね。必ず好きな人がいるというイメージです。
では、すかいさんが尊敬していたり、ライバル視している譜面作成者がいたら教えてください。

すかい
尊敬している人は先ほども名前が出ましたが、アリアさんやm@starさん、elxisaさんですね。譜面が尖っていても配置が整っていたり綺麗だなと感じるものがあり、これが自分の目標の一つでもあったりします。なので、そういったもので尊敬している部分が多いです。
ライバルは、ここだけの話子子子子さんですね。いつか譜面で屠りたいと思っています。それと、譜面傾向が真逆という点もライバルになったきっかけなような気がします。やはり、自分ができない部分も刺激されたりするので、そういった部分を吸収して超えていきたいですね。

空木アメリ
私の中でもすかいさんと子子子子子子子子子子っ子子子子さんはよきライバルだという風に感じますね。
ついこの前各Divisionのメンバーが発表されました。すかいさんはRed Divisionでしたよね。Red Divisionの人と争い、Blue Divisionの人に評価されることになるわけですが、何か思うところはありますか?

すかい
一番感じたことは、Red Divisionは尖った譜面を作る人が多く、逆にBlue Divisionでは安定した譜面を作る人が多いように感じました。なので、激しい譜面のぶつかり合いになるんじゃないかと思います。それでも、一位を勝ち取って裸でどじょうすくいをやってやりたいと思っていますね。

空木アメリ
では私も是非ドジョウすくい参加させていただきたいですね。最後にリーグ戦への意気込みをどうぞ。

すかい
お前らも裸でドジョウすくいやらせるからな!!!

空木アメリ
いいですね!ではありがとうございました。

すかい
ありがとうございました。

2018/02/18

リーグ戦インタビュー No.13 Pepechiyo

あと10人な訳ですが、なかなか大変ですね。4月までに終わるかな。
インタビューのストックがなくなってしまった。

今回はPepechiyoさんです。

=======================================================

空木アメリ
それではインタビューの方に移りたいと思います。よろしくお願いします。

Pepechiyo
お願いしまーす。

空木アメリ
では、様々なうわさの飛び交うpepechiyoさんですが、次郎暦と始めたきっかけを教えてください。

Pepechiyo
次郎歴は大体5年くらいになります。
次郎を知るきっかけとなったのが、本家の練習用にYoutubeで本家動画を観漁ってたら偶然次郎の動画に辿り着いたことですね。これ本家に収録されてないような太鼓が出来ちゃうのではと気になったが矢先、すぐ入れちゃいました。
最初はプレイ専門で、自分の好きな曲で他の方が作った譜面をガンガン遊んでたんですが、探しても誰も作ってなさそう曲もあったのでいっそ自分で作ってみよう!と思い至ったのが譜面創作を始めたきっかけでした。
自分オリジナルの譜面が作れちゃうのが当時すごく快感で、すぐハマっちゃいましたね。

空木アメリ
なるほど、なかなかの経歴の持ち主ですね。プレイ専門から入った人も結構珍しいですよね。
では、大会に出始めたり次郎勢に関わり始めたのはいつ頃からか教えてください。

Pepechiyo
最初、本家の大会課題曲を次郎に入れられないかとサーチをかけていた際に、偶然次郎wikiで開催されてた大会がヒットし、次郎で良譜面を競う大会の存在を知ったと同時に関心持ち始めたのがそのときですね。最初に参加した大会は、大型のものではないですが「新人品評会2015」でした。初めてだったのでものの試しで出してみたものが、なんと優勝してしまったので驚きでした。同時に次郎の楽しみがまた一つ覚えられたという具合に、その後も大会が開催されるたび参加させていただいております。
平行して、twitterの方で大会のたびその話題で盛り上がってることも知り、次郎勢との関わりに興味を持ち始めたのもその時以来です。

空木アメリ
最初の大会から結果を残していったということですね。
ではぺぺちよさんにとって、次郎勢ってどんな印象の人々でしょうか。また、ライバル視していたり目標にしている人などがいれば教えてください。

Pepechiyo
次郎勢の皆様は個性的で面白いし親しみやすい方々だなという印象です。それに、太鼓さん次郎という風変わりな趣味を持つ界隈で唯一わかりあえるかけがえのない存在だと感じています。
個人的に今はスタイリッシュな音取りを目指したいというのが一つ課題になっているので、そういった意味ではマニーさんやすかいさんが作る譜面を目標にしています。

空木アメリ
太鼓さん次郎をリアルで共有できる人なんてほとんどいないですからね。
スタイリッシュな音取りですか。そういうことを意識して自身でうまくいったなあと思う譜面とかはあったりしますか?

Pepechiyo
直近のものですが、U82ndに出したThe Rabbit has Landedは結構自信作で、実際そこそこな結果も残せたということで、良くできたかなと思います。
あと、こちらは自信作というよりかは実験的な要素が強いですが、今月のmonth.tjaに提出したThe Ricochetもまあまあ上手くいったかなとは感じてます。

空木アメリ
The Rabbit has Landedは確かにかなりの良譜面でしたね。
Pepechiyoさんにはありがたいことに度々month.tjaに参加していただいてますが、あのイベントに関して意見とか思うこととかはありますか?

Pepechiyo
あの企画は、特に主催から中身の濃い評価がいただけるということで大変光栄ですし、運営など現状とても満足してますし、実質他の方との作り比べが味わえることや、普段自分が積極的に譜面を作るような曲とはまた異なったジャンルで選曲されることが多いので、実験台というかお試しな感じで提出するのにも最適なので、毎度楽しませていただいております。
意見としては、大変ご多忙かとは存じますが、恒例イベントとして無理のない限りこれからもあり続けてほしいとお願いしたい、ということくらいです。

空木アメリ
そう言っていただけるとやらねばなというふうに思います、、、頑張ろう。
では最後に、リーグ戦への意気込みをお願いします!!

Pepechiyo
参加者リストを見た限りかなりの猛者揃いなので、物凄いハイレベルな戦いが繰り広げられると思うと恐怖しかないですが、これまでの経験を生かして行けるところまでは全力を尽くして戦い抜き、悔いを残さず奮闘できるよう精一杯頑張りたいです!!

空木アメリ
ぜひ全力を出してがんばってください!ありがとうございました〜

Pepechiyo
ありがとうございました!

2018/02/14

リーグ戦インタビュー No.12 axL

とりあえず4月を目標に終わらせたい。

axLさんです。どうぞ。

=======================================================

空木アメリ
それではインタビューの方に移りたいと思います。よろしくお願いします。

axL
宜しくお願いします!

空木アメリ
では次郎暦と始めたきっかけについてお聞きしてもよいでしょうか。

axL
次郎を始めたのは2014年の4月なのでもうすぐ4年です。
その中で大会に出るようになったのは2015年9月〜ですね。
きっかけは、次郎の存在自体はもう何年か前から知っていましたが、なかなか踏み出せずにいて、高校進学を機にふとやってみようと思い立って始めました。
最初はつべに動画を上げるのがメインでしたね。

空木アメリ
なるほど、では作譜を始めてから譜面を作るまで多少の時間があったのですね。
最初に出た大会はどんな感じでしたか?

axL
初めて出た大会は太鼓さん次郎新人品評会っていう大会でした。
自分の評価がいらないというのが出てみる事の後押しになりましたね。
そこで2位になったので、結構いけると分かって他の大会にも出てみようと決心しました
まぁその後しばらくは割とボロボロなんですけどねw

空木アメリ
確かに、大会はレベルによってかなり違いますもんね…。実際に、その大会の後に納得できる順位(譜面)が出せたとか、それをきっかけに調子が出始めたとかいう大会ってどのあたりからとかはありますか?

axL
夜桜ヨッシーさん主催の第一回U8大会からだと思っています。
その時初めて大型大会で一桁を取って、その後も時期によって調子の良し悪しはあるものの、比較的いい順位が取れるようになったという実感はありますね。

空木アメリ
そうなのですね。すっかりaxLさんも上位勢となっていて脅威ですね笑
最近は結果もかなり出てきていると思うのですが、自分の譜面の強みって何だと思いますか?

axL
強みと言っても私自身自分の譜面がどういうものなのかあまり客観視出来ていなくて……。
どちらかと言えば複雑な配置・配色が好きで聴き心地に重きを置いているっていう点が好みのベースになっているのですが、他の部分は今まで大会で見てきた上位を獲得している譜面や感想を見て自分の好み自体を変えて、その好みに沿って譜面を作るっていう感じなんです。
わりと大会には積極的に出るようにはしているので、流行を取り入れているというのがある意味では強みなのかも知れません。

空木アメリ
確かに、axLさんの譜面の魅力って言葉にしづらいものかもしれませんね。しかしそれがしっかり評価されているのは皆さんに理解してもらえているということなんでしょう。
では、複雑な配置や配色を好んで使うとのことですが、そういう意味で参考にしたことのある譜面や他の作譜者がいれば教えてください。

axL
空木アメリさんの「The Bionic」、すかいさんのHath Core (mArtnr159)や、you'sさんの「F∪ ∩Я ΣGM+(5И∀!_s Remix) DJ Sharpmarker Edit」なんかは特に自分の譜面観に影響を与えていると思います。
あと、大会が終わった後にもらえる感想では、(誰のか分かる場合は)子子子子さんやすかいさんの感想を特に重点的に読み返しています。

空木アメリ
なるほど、そう考えるとかなり特徴的な譜面を参考にしているということですね。では逆に、この人には負けたくない、ライバル視しているという人がいれば教えてください。

axL
特に普段は意識してはいないのですが、出始めた大会が同じで今も順位が比較的近い事が多いばしーたさんなんかは良いライバルかもしれません。

空木アメリ
切磋琢磨できる人がいるというのはいいことですね。では、最後にリーグ戦にはこういう譜面で臨みたい!とかがありましたら教えてください。意気込み等でも結構です。

axL
もう一年近くストックして熟成している譜面が2つあるので、まずはそれを調整して一回戦を突破したいです。
そして願わくば決勝に進みたいです!頑張ります!!!

空木アメリ
おお、やる気十分といったところでしょうか!楽しみですね。
ではインタビューを終わります。ありがとうございました!

axL
有難う御座いました!!!!!